※新着ヒマラヤ水晶各種更新しました!

緑の手、ゴルカ産
Green Gorkha Palm 1.7kg
HM195

SOLD OUT









19.3x12.7x7.8cm,1764 grams, Gorkha, Ganesh Himal region.

産地:ゴルカ/ ガネーシュヒマール、ネパール産

天然に育まれたその形が大きな緑の手を思わせる、緑泥入りヒマラヤ水晶。

こちらはゴルカ産。ゴルカと言ってもとても広いのですが、こちらの水晶が産出したゴルカは、
ラパ、ダディン/ ガネーシュヒマール、ネパールのすぐ横のエリアになります。

美しい照りがあり、ボディの上部半分は透明感もあります。
先端は見事なタビュラー型。(マイナスドライバーのように先端が一の字)。
この手の平のような水晶の奥深いクリアな部分から、
とても美しく鮮やかなブルーレインボーが、まるで目のようなカタチで出ているのですが、
写真に収められていないので、ご興味ある方は是非動画をご覧ください。

背面は、ホストロック、水晶が育つ基盤となる母岩に付いていたので、
写真3枚目のようになっています。

このまるで手の平を思わせる水晶は、
水晶鉱脈の中でも、沢山の水晶が眠るポケット(空洞)のような場所を探し当てる際に、
最も表面から、一番最初に彫り出された水晶だそうです。
ですので、この水晶が出たという事は、その背後に沢山の緑泥水晶がある可能性が高いので、
何人かの鉱山士の人々が、今まさに彫っている所です。
在るかどうかは、山の神のみぞ知る所ですが、
このような美しい緑泥水晶がそこから更に産出する事を願っています。

2018年産出。

A large sized quartz with chlorite inclusions from the region of Gorkha which lies besides lapa- Dhading, Ganesh Himal. Its one of the first quartz to surface before finding the cavity of crystals. Presently a few miners have been trying to find the cavity and this is one of the pieces that has emerged first. Good shine on this piece with the upper half having good clarity. A bit tabular in shape with chlorite inclusions and beautiful distinct rainbow. The back part had been attached to the host rock which has led to the present appearance. I hope to see more of this type of crystals in the coming months.
2018 find.